「英会話教室に通っても、リスニングができるようにならない・・・」

「外国人とのコミュニケーションがうまくいかない・・・」

 

あいぼん

こんにちは、英語アドバイザー・あいぼんです。

せっかく英語を勉強していても、外国人が言っていることがわからないと辛いですよね。

 

私も「リスニング」に伸び悩む時期がありました。

 

高校生のとき。

英語の授業で、センター試験用のリスニング問題を解くということをしていました。

英語の音声が流れたとたん「さっぱり何を言っているのかわからない・・・」頭が混乱するばかり。

つい授業中に寝てしまうこともありました。

 

英語のリスニングができないのには原因があります。

まずはその原因を、知ることが大切。

 

今回はリスニングができない原因と、どうすればできるようになるのか? その対策をご紹介します。

英語のリスニングに伸び悩んでいるあなた、ぜひ目を通してみてくださいね。

 

それでは、まいりましょう。

 

英語のリスニングができない2つの原因

 

 

そもそも読むことができない

 

英語初心者がリスニングから入って英語を勉強しようとした時に陥りがちな問題です。

英語の音を聞き続けていると、英語の音は聞き取れるようになってきます。

 

しかし、聞き取れたとしても聞き取れた単語の意味や文章を理解できなければ意味がありません。

リスニング初心者が英語を聞いても理解できない原因はほとんどの場合、この「読解力」不足によるものです。

この状態は日本語で知識が無いことを専門用語ばかりの難しい言葉で説明をされても意味がわからない状態と似ています。

この状態は日本語のヒアリング力が欠けているではなく、専門用語に対する知識が足りないことは明白ですよね。

 

英語は一見早くて、聞き取りづらいため、聞き取る能力が足りてないから意味がわからないんだと考えがちです。

そんな時はリスニングをしている教材の文章を目で見て、意味が理解できるかを試してみましょう。

本を読んでも理解できない場合はリスニング力ではなく、読解力が足りていない可能性が非常に高いです。

 

英語の話すスピードについていけない

読解力は身についてきたが、英語のスピードについていけず、聞き取れないケースです。

文章を紙でゆっくり読んだら理解できるのにリスニングで聞いていると、次々に文章が流れてくるため、理解できずにおいていかれるような状態です。

このような場合、英語を聞く耳を鍛えたほうがよいでしょう。

しかし、安易にリスニング力が足りないと決めつけることは危険です。

先ほどご説明した、読解力が足りない場合もスピードについて行けていないと勘違いしがちです。

安易に原因はリスニング力だと決めつけずに本をゆっくり読んで理解できるかを確認しましょう。

語彙力が不足したまま、リスニング力を鍛えても効果は期待できません。

 

 

どうすればリスニング力を伸ばすことができるのか?

 

 

「読解力」不足に対する対策

読解力不足に対する対策は、やはり読解力を身につけるしかありません。

まず身につけるべきは語彙力です。

TOEIC受験が目的であればTOEIC用の英単語帳があるので購入してみると良いでしょう。

次に勉強するのは文法や構文です。

できるだけ多くの文法の構造を理解することや構文の意味を覚えることで聞き取れたことが理解できるようになります。

非常に地道で、一見ヒアリングとはあまり関係が無い様に思われがちですが、英文の読解力を身につけることがヒアリング力向上の第一歩であると考えましょう。

 

「リスニング」不足に対する対策

リスニング力が不足している場合「シャドーイング」や「ディクテーション」といった方法で英語のスピードに慣れる耳を鍛える事が重要です。

 

「シャドーイング」とは流される音声に続いて影の様に自分も発音することです。

最初はスピードについていけず音声がどんどん進んでいってしまうので、一文聞いたら止めて発音するということを心がけましょう。

 

「ディクテーション」は聞いた音声を紙に書いていく方法です。

紙に書いていく分、前述のシャドーイングよりも初心者向けの方法です。

聞き取れない箇所は何度も聞き直して身体に英語のリズムを叩き込みましょう。

 

「シャドーイング」と「ディクテーション」に共通するのは五感をフルに活用すること。

発音したり手で書いたりすることで、五感が刺激されるため、力がつきます。

逆に、ただ英語の音声を流したり、洋楽を聞いたり、洋画を見るだけだとなかなかリスニング力は身に付きません。

 

まとめ

 

リスニングができない原因

①読解ができていない

②スピードについていけない

 

リスニングを伸ばす解決策

①語彙力を身に着けて、文法・構文等を地道に勉強!

②シャドーイング」や「ディクテーション」で五感をフル活用して耳を鍛える!

 

あいぼん

まずはこの記事を参考にして、なぜできないのか? 原因を知ることから始めてみましょう。

原因がわかっただけでも大きな進歩になります。

私はあなたを応援しています!