「英語を勉強していても、なかなか英語の音声を聞き取れるようにならない」

「英文はスラスラ読めるのに、リスニングになると途端に駄目になる」

 

英語を勉強している人の中には、そんな悩みを持っている方も少なくないかと思います。

私自身も英語が聞き取れず、辛い思いをしたことがあります。

TOEICや英検などの試験で、リスニングを伸ばしたいと思っても中々うまくいかなかったり・・・

 

あいぼん

こんにちは、英語アドバイザー・あいぼんです。

リスニングができないのには理由があります。

その理由を明確にして、正しいアプローチで勉強をすれば英語の音声も聞き取れるようになりますよ。

 

ここでは、英語のリスニング力を伸ばすためにやっておきたいこと、気を付けておきたいことをご紹介します。

 

・リスニングができない理由を知りたい

・リスニングの点数を上げたい

・英語を聞き取れるようになりたい

そんな人におすすめの記事です。

 

それでは、まいりましょう。

 

英語が聞き取れないのには理由がある?

 

いつまで経っても英語が聞き取れるようにならないのには、理由があります。

単純に勉強不足という場合もあるのですが、多くの場合は「脳と耳が英語に慣れていない」ということが原因として考えられます。

私たち日本人が、世界で最も難しい言語の一つとされている日本語を使いこなせているのは、小さいころから日本語を聞き、話してきたからです。

英語の場合も同じで、幼少期から英語に触れ続けていれば、自然と英語を話すようになります。

とはいえ、全員が全員幼少期から英語に触れることができるわけではなく、英語を母語として習得することはできません。

リスニングが伸びないと悩んでいる方は、まだ脳と耳が英語に慣れていないだけですので、あまり不安にならないようにしましょう。

 

リスニングを伸ばすにはまず「発音」から

 

リスニングと発音には、一見特に何も関係はないように思えますが、英語を聞き取れるようになるためにはまず発音をしっかり覚えることが大事です。

単語を覚える際に、スペルと和訳だけ覚えていても、いざリスニングの問題で出題された際に正しい発音を知らなければ、知っている単語として結びつかず聞き逃してしまうことになります。

逆に言えば、発音さえ覚えていればスペルが分からなくても聞いて理解することができるのです。

そういった意味で、単語の発音を覚えることはリスニング力の向上に繋がります。

正しい発音を聞いて、自分でも言えるようになっておけばスピーキングにも生かすことができます。

 

英語を勉強するときに気を付けておきたいこと

 

リスニングだけでなく英語学習で大事なのは、「母語を習得するように英語を学ぶ」ことです。

英語を勉強するときにはできるだけ頭から日本語を排除し、常に英語で考えることを心がけてください。

そうすることで徐々に脳が英語に慣れてきて、英語に対する抵抗感が薄れてきてスムーズに英語を吸収していくことができます。

リスニングも同様で、英語音声を普段から聞き続け、日本語との違いを明確に理解しておくことで、いざ英語を聞いた時にスムーズに理解できるようになってきます。

英語には独特のリズムやイントネーションがありますので、毎日英語音声を聞いてその特徴をしっかり掴み、英語に慣れておきましょう。

 

リスニングを伸ばす3つの勉強法

 

それでは、リスニングを伸ばすためのおすすめの勉強法や、やるべきことをご紹介していきますね。

 

シャドーイング

シャドーイングとは、英語の音声が流れてきたら影(shadow)のようにすぐに真似をして発音するという練習方法です。

本来は英語の原稿をみずにやると良い効果があるのですが、初めのうちは原稿を見ながらでも構いません。

音声を聞いて原稿に目をやり、遅れないよう英語を読む練習を積んでいけば次第に英語のスピードとリズムに慣れてくるので、リスニング力も自然に上がっていきます。

慣れてくれば原稿なしで、音声だけを聞いてそれについて音読すると効果が倍増します。

 

ディクテーション

ディクテーションはシャドーイングとは異なり、英語を聞いて聞き取った英語を正確に書き取るという練習方法です。

これは原稿なしでやるのは難しいので、原稿のある音声を使って、ある単語やフレーズを空白にして、その部分だけを聞き取って書き取る練習をするのが良いかと思います。

しっかり聞いて正確に書き取る必要があるので、繊細なリスニング力を養うことができます。

 

英語音声を聞き流す

「聞き流すだけで英語が話せるようになる」という風なキャッチフレーズの教材を使用するのではなく、海外のニュースやアーティストのインタビューなど、ネイティブが自然なスピードで話している音源を使うことをおすすめします。

これは英語を聞き取る練習ではなく、耳を英語に慣らすための練習ですので、話している内容を全て理解する必要はありません。

自然なスピードの英語に慣れて耳を鍛えることが目的ですので、聞き取れるに越したことはありませんが、あくまで聞き流しで構いません。

毎日続けることで、英語のリズム、スピードに慣れ、だんだん聞き取れる単語が増えてくると思います。

 

 

まとめ

 

ねこ

ここがポイント

・英語が聞き取れないのは正しい発音ができないから

・シャドーイング、ディクテーション、英語音声の聞き取りをする

 

今回ご紹介した練習方法を続けて脳と耳を英語に慣らし、徐々に聞き取れる量を増やしていきましょう。

あいぼん

あなたを応援しています。