あいぼん

こんにちは。英語アドバイザー・あいぼんです。

日本人が英語を学ぶ上で一番と言っていいほどの大きな壁は“リスニング”ですよね。

受験英語に必要なのはもちろん、英会話を成立させるには、相手の言ったことを聞き取れるリスニング力が必要です。

つまり、多くの人が苦手としていながら、リスニングは英語を学ぶ上でとても重要です。

今回は、そんな英語を学ぶうえで避けられないリスニング力アップの方法を、悩みごとにご提案したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

どうやって勉強したらいいかが分からない

 

まず、そもそもどうやって勉強したらいいか分からない、と途方に暮れている人は多いのではないでしょうか。

リスニングは「聞く力」のようで、実は英語の文法、単語、発音などの「総合力」を問われているのです。

だからまずは英語の基本的なことを身に着けることが、リスニングの力をアップさせる一歩となります。

 

あいぼん

とくに発音はリスニングを伸ばすうえで重要なポイントです!

なぜなら、自分で発音できないものは正しく聞き取ることができないからです。

そして発音をよくするためには、やはり「聞くこと」で正しい発音を理解するのがおすすめです。

リスニングと発音の正しさは切っても切れない関係なので、「どんな勉強をしたらいいか分からない!」と悩んでいる方は、まずは発音を良くすることを念頭に置いてみてください。

 

 

いくらやっても聞き取れるようにならない

 

聞いても聞いても聞き取れるようにならない・・・と悩んでいる人はいませんか。

そんな人は、一度自分のリスニングの勉強方法を見直してみましょう。

たとえば、何かをしながら英語を聞き流していたり、やみくもに数をこなそうとしたりしてはいませんか?

そのような方法だと、どんなに良い質の英語を聞いていても意味がありません。

 

リスニング力を伸ばしたいのなら、文章を意識的に聞き取ろうとする必要があります。

いきなり聞いても、全く聞き取れないということがあると思いますので、まずはゆっくりなスピード、読んだことのある文章を聞くことから始めてみてください。

 

ある程度頭に入っている馴染みのある文章だと、聞き取りやすくなるはずです。

このとき、単語を聞くということはもちろんですが、前後関係もしっかり意識して聞いてみましょう。

もし全ての単語をはっきり聞き取れなくても、前後関係から類推することもできます。

 

 

早いスピードだと歯が立たない

 

「ゆっくりだとある程度聞き取れるのに、スピードが上がるとついていけない」という人は、「シャドーイング」を試してみてください。

シャドーイングとは、聞こえたものをすぐに声に出して発音することです。

シャドーイングの効果として、リスニング力が上がるのと同時に、話すときのリズムや発音などスピーキング能力があがることも期待できます。

シャドーイングでスピードを体感することで、実際のリスニングの英語のスピードに対応できるようになっていきます。

 

テストで結果を出したい

 

リスニングのテストがあって、そこで良い結果を出したい、と思っている人には、英文の書き起こしがおすすめです。

全て、または一部分だけでも、聞きながら書き取ってみましょう。

ついつい聞き流しがちになってしまうことを防いで、重要な点も聞き取る力がつきます。

また、リスニングは通常、メモを取りながら聞いていくので、効果的なメモの取り方の練習にもなりますね。

リスニング教材が指定されている場合は特に効果的ですのでぜひテストの前には試してみてください。

 

ネイティブスピーカーと話したい

 

ネイティブスピーカーの人と話したい、または話す機会があって、聞き取る力をつけたい、という人もいるでしょう。

そんなときは、やっぱり実際に話してみて練習するのが一番です。

しかし、なかなかそんな機会がないという人が多いと思うので、そんな人は、リスニング教材でも複数人の人が会話しているもの、できれば様々な国の人が話しているようなものを選ぶと良いと思います。

映画や音楽で聴く練習をするのも良いですが、このとき、つい日本語訳を見てしまうと効果が無くなってしまうので、あくまでも「聞き取る」ことを頑張ってみてください。

 

まとめ

 

・まずは発音に重点を置いて勉強する
・意識的に聞き取ろうとする
・シャドーイングいてスピードアップに対応する
・聞きながら書き取る
・会話の教材を使って実践に備える

また、リスニングは「総合力」なので、聞くだけではなく、発音・文法などの勉強もすることが大切です。

ぜひ意識的に聞き取ることで、リスニング能力を高めてください!

あいぼん

あなたを応援しています