「発音が悪いせいで伝わらない・・・」

「英語の発音って難しい・・・」

 

あいぼん

こんにちは。英語アドバイザー・あいぼんです。

英語の発音って難しいですよね。

日本語にはない母音があったり、アクセントの位置が違うと伝わらなかったり・・・

 

せっかく正しい英語を話しているのに、発音が悪いせいで伝わらず、英会話を楽しめないなんてもったいないですよね。

私も発音が悪くて、なかなか伝わらないことが何度もありました。

そして発音が上手くいかないと、話しても伝わらず、自分の英語に自信をなくしてしまう・・・

こんな風に悪循環に陥ってしまいます。

 

私もそんな悪循環にはまってしまっていたのですが、どうしても英語に自信をつけたくて、発音の勉強を色々しました。

そして今では、海外でも自信を持ってコミュニケーションがとれるようになったんです。

 

発音は難しいですが、ぜひ自信を持ってたくさん話せるようになりたいですよね。

そのためには口だけではなく、五感を駆使して発音を身に着けていくと良いと感じました。

そこで今回は、英語の発音を学ぶ方法をステップを踏んでご紹介したいと思います。

発音に悩んでいるあなたに読んでいただきたい記事です。

 

それでは、まいりましょう。

 

「目」で学ぶ〜発音記号を読めるように〜

英語には発音記号というものがあります。

辞書で調べると、スペル、意味などと一緒に必ず記載されています。

この発音記号、見落としがちですが読み方を覚えていると結構便利です。

たとえば簡単な例で言うとeatとhealthという単語、どちらも「ea」というスペルを持ちますが、読み方は「íːt」と「hélθ」というように、同じスペルでも読み方が違うことがよくあります。

初めて出会って、読み方が分からない単語が出てきたら、発音記号を読んで、まずは正しい発音を覚えましょう。

 

「耳」で学ぶ〜英語を聴く〜

 

発音は口でするものですが、耳で聞き取れないものは発音もできません!

ですので正しい発音が分かったら、今度は実際に耳でも聴いて覚えましょう。

英語の教材についているCDなどでも良いですが、そういう音声は聞きやすく収録されているので、実際に話されているものは聞き心地が違うと思います。

なので私のおすすめは、洋画を見たり、洋楽を聴いたりと、自然に話されている英語を聴くことです。

これらの英語は、実際に使われるような話し方やスピードなので、始めは聞き取ることが難しいかもしれません。

ですが、これが聞き取れるようになると、かなり英語の発音に耳が慣れることができますよ。

始めは英語の字幕や、歌詞カードを見ながら楽しむと良いと思います。

好きな映画やアーティストなど、趣味のように楽しみながらリスニングすると、ただ聞くより苦ではなくて、効果もありそうですよね。

 

「口」で学ぶ〜復唱する〜

次は、実際に自分の口で発音してみましょう。

洋楽を一緒に口ずさんだり、セリフを声に出してみたり、映画や音楽で聞こえてきたとおりに復唱してみましょう。

実際の発音を身に着けることができたら、発音の自信にもなりますよね。

 

「五感」を組み合わせる〜話す〜

目と耳と口で発音を学んだら、いよいよ実際に話してみましょう。

日本人よりは、ネイティブの人と会話するのがベターです。

話しているなかで間違った発音や聞き取りにくくなっていても、相手の発音を聞きながら修正ができるからです。

もし伝わらなくても、相手に発音してもらうことですぐに修正できるので、五感で一気に発音を学べます。

自分ひとりで勉強しているだけだと足りなかったり、難しい発音はやっぱりあります。

私も、難しい発音でなかなか伝わらないことがあって、恥ずかしい経験を何度かしました。

ですがそれを乗り越えて伝わったときの嬉しさも何度も経験しました。

なので今では、伝わらない恥ずかしさよりも、話せる喜びや伝わった自信が勝って、積極的に話せるようになりました。

 

まとめ

 

英語の発音の勉強の仕方を、ステップを踏んでご紹介しました。

STEP1 発音記号を覚える

STEP2 英語を聴いて覚える

STEP3 復唱して覚える

STEP4 話して覚える

 

発音するのは口でするものですが、五感をフルに活用して学ぶのがコツ。

 

あいぼん

最初は伝わらないこともありますが、少しずつ発音を身に着けて、自信を持って話せるようになりましょう。

あなたを応援しています!