英文をすらすら読めるようになりたい!とは誰もが思うことですよね。

でも英文を読むということは、文法、単語、文脈を読み取る力など、英語の総合力が問われます。

また、分からなくて途中で挫折し・・・という人も多いのではないでしょうか。

私もかつては英語の本を読むのにとても苦労しました。

ですが数をこなすうちに、だんだんと英文をすらすら読むことができるようになっていきました。

私が英文を読むうちに発見した、英文を読めるようになる方法をご紹介したいと思います。

 

単語・文法などの基礎的な知識

 

まず、一番大切なことは単語や文法などの基礎的な知識がきちんとあることです。

これがなければ、いくら質の良い英文を数多くこなしても、意味がなくなってしまいます。

そうはいっても、これらは一朝一夕で身につくものではないので、地道な毎日の積み重ねが重要です。

 

まずは簡単なものから

英文を実際に読んでいくうえで大事なのは、難しすぎないものを読むことです。

難しい英文を読むとそれだけ得られるものも多いと思いがちですが、あまりにも難しいと一度に入ってくる新しい情報が多すぎてキャパオーバーしてしまい、効率の悪い勉強方法になってしまいます。

それに、わからないと途中で挫折してしまうリスクもありますね。

確実に読める英文から初めて、ステップアップしていくことがおすすめです。

洋書を読みたい場合は、簡単なものや、日本語で読んだことのある物語を読むと、分からないところも推測しやすく、照らし合わせながら読めるので、おすすめです。

 

文字を追っているだけの状態を防ぐ

英文を最後まで読んだのに内容が頭に全く入っていないという経験はありませんか?

それは、英文を読んでいる”つもり”になって実は文字を目で追っているだけになっているからかもしれません。

日本語でも、抽象的な文章のほうが内容が頭に入りにくいですよね。

母語ではない英語を読むときはなおさら意識しなければならないでしょう。

ポイントは、英文で書かれていることを意識的に頭の中で映像化することです。

具体的にイメージしながら読むと、内容を漏らさず理解しやすくなります。

また、最初は一文ごとに理解しながら読むことを意識していると、読み飛ばすことがなくなっていきますよ。

 

接続詞や否定表現に注目

英文に限らず、文章を読む際に注目したいのは、接続詞が使われている箇所です。

たとえば”However”という単語はよく、逆接として文頭に置かれることが多いですが、この場合「しかしながら」という意味の中に(一般的にはそのように思われているが実際には)という意味が含まれています。

つまり意外な結論につながったり、文章の核心を突く内容に言及していたりといった文が続くので、内容理解のために必須の文になることが多いです。

また、否定表現というのは単純な否定の文はもちろん、否定表現を使った文法のことです。

一見すると否定の文のように見えても、二重に否定することで強く肯定していたり、部分否定か全否定かということも肝心です。

肯定と否定を読み間違えると、文章全体の意味を取り違える可能性もあるので、否定がでてきたら丁寧に読み取りましょう。

 

自力で読んで、必ず答え合わせをする

一番大切なことは、「自分の持っている知識で読み切る」ということです。

つまり、分からないことがあってもすぐに調べずに類推して読み進めたり、内容を追えなくなっても諦めずに読み直したり、ということです。

なぜなら、どれだけ単語を勉強しても知らない単語に出会うことはありますし、どれだけ丁寧に読んでいても内容の難解さから、何度も読み直す必要のある文章もあるからです。

そういうときでもギブアップしないで読み切るには、知識だけではなく、英文を読むことに慣れていることが大切だと思います。

だから、効果的な方法で多くの英文を経験することが英文を読めるようになることへの近道だと思います。

そして重要なのは、自分で読み解いた意味があっているかどうかを確認することです。

曖昧なところ、意味を類推しているところなどをチェックして、確実に知識を増やしましょう。

 

まとめ

1.単語や文法などの基礎を固める
2.簡単なもの、知っているものから読み始める
3.文字ではなく内容を追う
4.接続詞、否定に注目
5.自力で読んで、答え合わせをする

英文は、読めば読むほど慣れてくると思うので、効果的な方法でたくさん読むことを心掛けてはいかがでしょうか。